七五三や成人式などの写真を撮影したい時は写真館を利用しよう

子どもの成長を願うお祝い

カメラマン

子どもが成長していくと様々な行事が行われます。その中でも七五三は子どもにとって大きな行事の1つです。七五三とは、子どもの成長をお祝いするものであり、神社に行って今後の成長と健康を願うのです。一般的には、男の子が5歳の時、女の子が3歳と7歳になった時の11月15日が七五三の日とされています。そのため、この時期になると、小さなお子さんが着物を来て神社に向かう光景をよく目にするのです。しかし、11月15日が必ず休日になるとは限らないため、仕事の関係などで両親の都合が合わずに、七五三に参加出来ない場合があります。そうならないために、現在では11月15日だけではなく、10月中旬から11月前半の土日や祝日を利用して予定が合う日に神社にお参りに行く人も沢山います。

京都の神社に行ってお参りをした後は、家族揃って写真撮影を行う家族も沢山います。写真撮影は、京都の神社で行う人もいますが、京都にある写真館に行って撮る人も多いです。個人で撮影を行うと、どうしても手ブレを起こしてしまったり、誰かがカメラのシャッターを押さなければならなくなったりするため、どうしても家族の人1人がかけてしまうことがあります。しかし、京都の写真館で写真撮影を行うことで、プロの写真家の方に写真を撮ってもらえるため、家族揃った写真を撮影できるのです。京都の写真館では、11月頃になると、七五三の写真撮影を行ないたいとしてお客さんが殺到します。混雑を避けたい時は、前もって予約をしたり、日にちをずらしたりするとよいでしょう。